中高生のころ、ゲーセンに通っていた頃のゲームを自分の部屋でもう一度。理想は基板。基板=ホンノモだけど敷居を低くして、移植ゲームで楽しんでみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【Shots on Target 2】 怒首領蜂 1st Attack

攻略は1タイトルに限定せず、複数並行して進めたいと思います。
1タイトルに限定すると、行き詰ってしまうと途端に辛くなってしまうからです。。。

【機種、タイトル】セガサターン 怒首領蜂

移植度に関してですが、アーケード版を知らないので比較のしようがありません。
セガサターンとPSで発売されていますが、プレイしていて楽しいセガサターン版を攻略します。
両方とも持ってはいますが、PS版はショット強化機体でもショットの威力が弱く大量のザコに押される
場面が多く、爽快感に欠けます。
また、PS版には任意で処理落ちがかけられるボタンがあり、簡単にインチキができてしまうからです。
逆にPS版の良いところは、VGMのベースラインがはっきり聞こえることと、爆風の描写がきれいなこと、
一部、敵弾が見やすいことぐらいでしょうか。


【当時の思い出】

アーケードリリース当時の思い出はありません。
なぜなら、その頃には全くゲーセンに通っておらず、タイトルすら知りませんでした。
空白を埋める意味で選んでみました。

【設定】
難易度:NOMAL
エクステンド:1st 6000000,EVERY 20000000
ゲームモード:ARCADE MODE
機体:C TYPEのショット強化

SATURNモードはオリジナル面があるので除外します。

【challenge】

以前からちょこちょこプレイしていたので、何となく5面ぐらいまでは到達できるようになっていました。
切り替えしと、危険な敵機の出現パターンさえ覚えていれば、何となく進めている感じでした。
自機の当り判定がかなり小さいので、大量の敵弾が飛んできても意外と避けられますし、1ミスすると
ボムの最大所持数が1個ずつ増えていくので、追い詰められそうになったら惜しまず早めにボムを使う
ことで、生存率を上げていく。
あとは序盤のミスを減らしていき、5、6面のボス戦にボムを温存することで、なんとか1周はクリアできる
ようになりました。

が、2周目は門前払いのようです。

1.jpg

条件は調べるしかなさそうなので、ゲーメスト見ました。
幾つかある条件のどれかを満たせばいいだけみたいなので、どの条件で達成させるか。
現状のプレイ内容だと、ちょっと厳しいようです。

2.jpg
スポンサーサイト
2012-07-27 : Shots on Target : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
お世話になっております、ここでは初めましてです。
怒首領蜂の2週目条件ですが、やはり蜂パーフェクト3回(だったかな)が一番楽だと思います。
個人的には首領蜂、怒首領蜂の頃が一番ゲーセンに通っていた気がします、ガレッガなんかもそうで。思い出は人それぞれですね。
2012-07-27 14:01 : charleyignorant URL : 編集
Re: No title
その後、アケステ改造は順調ですか。
私がゲーセンに通っていたのは、'88〜'94ぐらいです。
アーケードゲームの黄金期も終わりに近づき、高難易度化が進み、
やがて対戦格闘ゲーム全盛を迎えた時期でした。
時代が違っても、熱中したゲームには特別な思い入れがありますよね。
2012-07-28 10:10 : Men Gunners URL : 編集
No title
改造は現在LS-55を若干短くするためワッシャーをはさんで取り付け、まあそれなりだな、と思いつつ、セイミツにSSベースを注文して取りかかろうかと思っています。ああ、ルーターのビットを買いに行かないと。
ストIIは本当に一世を風靡しましたね、自分は技が出ずあきらめ細々と達人王などやっておりました(笑)
2012-07-28 16:40 : charleyignorant URL : 編集
Re: No title
すみません。再びレスがあったことに気づいていませんでした。
私はその後、対戦格闘ゲームにすっかりハマってしまい、シューティングゲームは
おろそかになってしまいました。
せっかく1コインクリアしようとやり始めてみても、すぐに消えて無くなってしまう
のが悲しくて...。
2012-09-17 11:27 : Men Gunners URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Men Gunners

Author:Men Gunners
ここは主にアーケードゲームを家庭用ゲーム機に移植したタイトルなどを取り上げて行くページです。また、それらを快適に楽しむためのアーケードスティックや、モニターなどのプレイ環境についても触れて行きます。
リンクフリーです。

最新トラックバック

足あとカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。