中高生のころ、ゲーセンに通っていた頃のゲームを自分の部屋でもう一度。理想は基板。基板=ホンノモだけど敷居を低くして、移植ゲームで楽しんでみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

あなたのゲーマー年齢は?



初見で47歳、2回目で25歳でした。
訳が分からないまま終わってしまったのもありましたが、実年齢よりかなり若い結果が出て、正直ほっとしました。
スポンサーサイト
2013-01-07 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

行き着いた先

mixiで書いた日記を加筆して転載。(黄色文字が加筆部分です)

ロープレで「くそー」と思ったことあるある
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1955401&media_id=95

①イベントの度に、長いムービーをだらだらと見せられる。
 どうでもいいから早く終れとか思ってしまう。 

②フラグを立てておかないと、後に発生するイベントが変わってくる。
 しかもそこでしか手に入らない強力なアイテムがあっても、後戻りすらできない。
 そのくせ、ノーヒントだったりして攻略本買わせるのが前提っぽい作り。

③結局、誰がやっても行き着くところはみんな同じ。時間さえあればどうにでもなる。

こんなとこでしょうか?

もう今どきのRPGには『やらされ感』しか感じないのです。

なのでRPGはここ何年かやってない。

ドラクエもファイナルファンタジーもⅢが最高の出来だと思う。

それ以降は惰性でプレイしたもののドラクエは6、FFは9のラスボス前で

やめてしまった。

いまやっても面白いと思うRPGを3つ挙げるとするなら...

①ウィザードリィ
②ダンジョンマスター
③真女神転生

う~ん...人を選ぶタイトルばっかりだ。

すごい偏ってる。。。

長いことゲームやってると、妙に冷めてしまって『なんか面白いゲームないですかねぇ~』って問いたくなる。

そして行き着いた先が原点回帰。

昔のアーケードゲームが最高だよねって。


ゲームはうまいヤツがエライ。

そういうもんだと思うのです。
2012-03-19 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

基本ルール

単にクリアを目指すといっても、やり方次第で、簡単にも難しくもなるので
攻略を進めるにあたっての基本ルール。

①1コインクリアを目指す。コンティニューはしない。

【理由】
単純につまらなくなるから。

②エクステンド、難易度はデフォルト。ただし、アーケード準拠の難易度設定がある場合は、それを選択。

【理由】
エクステンド、難易度設定は店舗によっても違いがあるのでとりあえずはデフォルトで。

③むやみやたらと動画サイトなどの攻略動画、攻略サイトなどを見ない。手持ちのゲーメストも同じ扱い。

【理由】
最初から答えを先に見てしまうと、それをトレースするだけになってしまうから。
とはいえ、ゲーセンでうまい人のプレイを見て参考にすることもあったし、当時ゲーメストは貴重な
情報源だったので、余程、行き詰らない限りは自力でがんばってみる。

細かいルールはタイトルによって決めていきたいと思います。
2012-01-12 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

はじめに (追記あり)

中高生の頃、足繁く通ったゲーセンのゲームを自宅の部屋で再現するには、筐体+基盤orコントロールBOX+基盤が一般的。
そういった環境を作り上げている方々もおられますが、もっと手軽に楽しもうというのがこのページの趣旨です。
幸いプレイステーションやセガサターンといった32bit機が登場したあたりから、今まで家庭用ゲーム機では完全移植は不可能だったゲームたちが、遜色の無いレベルで再現できるようになりました。
もちろん、スコアラーな方々からは再現性に不評なタイトルもありますが、それも含めて取り上げてみたいと思います。
私自身のゲームの腕前はいたって普通です。
中高生だった当時、やりこんだタイトルでも、ゲーセンで1コインクリアできたのはグラディウスⅡと1941、US.NAVY、ヴィマナ、戦国エース
ぐらいだったと思います(対戦格闘ゲームは除く)。
今、ある程度環境が整いつつあるので、当時はクリアできなかったタイトルの1コインクリアを目指したり、あるいは通っていた
ゲーセンに入荷せず、プレイすることができなかったタイトルを楽しんだり。
また、対戦格闘ブームの影でやりこみたかったのにひっそりと消えていったタイトルに再び挑戦してみようと思います。

追記
ゲーセンに意識的に通い始めたのは1988年ごろ。
1994年ごろからは、他の趣味に没頭してしまい、全く行かなくなってしまいました。
この間も魅力的なタイトルがリリースされていますが、残念ながらゲーセンでは未プレイ。
1994年以降に発売されたタイトルについても、挑戦してみようと思います。
2011-10-14 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

Men Gunners

Author:Men Gunners
ここは主にアーケードゲームを家庭用ゲーム機に移植したタイトルなどを取り上げて行くページです。また、それらを快適に楽しむためのアーケードスティックや、モニターなどのプレイ環境についても触れて行きます。
リンクフリーです。

最新トラックバック

足あとカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。