中高生のころ、ゲーセンに通っていた頃のゲームを自分の部屋でもう一度。理想は基板。基板=ホンノモだけど敷居を低くして、移植ゲームで楽しんでみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

横置きモニターでプレイする縦画面ゲームの弊害

一般的な家庭にあるテレビといえば、横置きが普通。
しかし、ゲーセンには縦画面のゲームも多数あるわけで、それを横画面で再現するとなると様々な弊害が。
まずはよくある縦横の比率を維持したまま、左右に黒い帯ができるケース。
ゲームとしての再現性は良いが、25インチのテレビでも表示範囲が小さく迫力に欠けます。
DSC02172_convert_20111022041315.jpg

ならばなるべく大きく画面表示させようと、縦横の比率はオリジナルのままとして、横方向の表示範囲を広げ
縦方向の上側が表示されないケース。
若干、横方向の表示範囲は大きくなっているものの、縦方向が狭く圧迫感があります。
ゲーム上は全画面として処理されているようで、画面上部の見えないところにも敵機は存在していて、見えないところから敵弾が不意に飛んできたり、ボス戦ともなるとボスは上半分が見えないように、なりそこから容赦なく攻撃されます。
DSC02179_convert_20111022041545.jpg

では見えないところからの攻撃をなるべく無くそうと、自機の位置に合わせて上下にスクロールするケース。
画面の半分より上側にいれば、上方向からの不意打ちは緩和されますが、逆に画面下から現われる敵機、
敵弾は見えなくなります。
ボス戦ともなると、全ての攻撃を表示させようとすれば接近戦となり、接近戦を避けて画面下に位置すると見えないところから攻撃が飛んできます。
また、画面が上下にめまぐるしく動きまくるので、個人差はあると思いますが若干酔います。
DSC02171_convert_20111022045757.jpg

これらの弊害を一番簡単に無くせるのが、OPTIONで設定変更できる縦画面モード。
これにすれば全画面として横置きテレビに縦画面として全画面表示されますが、そもそも縦画面のゲームは
俯瞰視点なので、これが横スクロールするとなると当然、違和感があります。
自分が寝転がって横になるという手もありますが、長時間このままというのも辛いものがありますし、
スティックコントローラーの使用はまずできなくなります。
DSC02178_convert_20111022041832.jpg

こうなるとテレビを縦置きにしてプレイしたくなりますが、ブラウン管テレビは縦置きでの使用は想定されて
いない為、テレビが壊れても完全に自己責任。
ソフトメーカーも縦置きできないモニターでは使用しないように警告しています。

となると、快適に縦画面ゲームを楽しむには縦置きできるモニターを探さなくてはならないということに。
この続きはまた次回。
スポンサーサイト
2011-10-22 : プレイ環境 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

モニター

モニターは液晶の表示遅延と残像感を嫌ってブラウン管。

SONY KV-25DS55
DSC02031_convert_20111015011858_convert_20111022053922.jpg
このTVの特徴は何と言ってもAVマルチ入力端子を持っていること。
PS、PS2なら専用ケーブルを使ってRGB出力が可能。
サービスマンモードを使えばメニュー画面にない細かい調整ができることもポイント。

ここがAVマルチ(RGB)入力端子
DSC02014_convert_20111015011517_convert_20111022053953.jpg

変換ケーブルを作ってしまえば、RGB 21pin出力を持つゲーム機なら何でも接続可能。
DSC02015_convert_20111015011715_convert_20111022054051.jpg

このTVは、2年ほど前にリサイクルショッブで中古を7000円程度で購入。
今年7月に地デジ完全移行したので、当然アナログ放送は見れませんが、D1、S、ビデオ入力端子を持っているので
地デジチューナーをつなげば結構きれいに映ってくれます。

ただし...

横画面のゲームはいいけど、縦画面のゲームはいろんな意味でストレス溜まります。
壊れても良いと割り切って、自己責任で縦置きするっていう手も無くは無いけど。

モニター縦置きの話しは、また次回。
2011-10-15 : プレイ環境 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

はじめに (追記あり)

中高生の頃、足繁く通ったゲーセンのゲームを自宅の部屋で再現するには、筐体+基盤orコントロールBOX+基盤が一般的。
そういった環境を作り上げている方々もおられますが、もっと手軽に楽しもうというのがこのページの趣旨です。
幸いプレイステーションやセガサターンといった32bit機が登場したあたりから、今まで家庭用ゲーム機では完全移植は不可能だったゲームたちが、遜色の無いレベルで再現できるようになりました。
もちろん、スコアラーな方々からは再現性に不評なタイトルもありますが、それも含めて取り上げてみたいと思います。
私自身のゲームの腕前はいたって普通です。
中高生だった当時、やりこんだタイトルでも、ゲーセンで1コインクリアできたのはグラディウスⅡと1941、US.NAVY、ヴィマナ、戦国エース
ぐらいだったと思います(対戦格闘ゲームは除く)。
今、ある程度環境が整いつつあるので、当時はクリアできなかったタイトルの1コインクリアを目指したり、あるいは通っていた
ゲーセンに入荷せず、プレイすることができなかったタイトルを楽しんだり。
また、対戦格闘ブームの影でやりこみたかったのにひっそりと消えていったタイトルに再び挑戦してみようと思います。

追記
ゲーセンに意識的に通い始めたのは1988年ごろ。
1994年ごろからは、他の趣味に没頭してしまい、全く行かなくなってしまいました。
この間も魅力的なタイトルがリリースされていますが、残念ながらゲーセンでは未プレイ。
1994年以降に発売されたタイトルについても、挑戦してみようと思います。
2011-10-14 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

Men Gunners

Author:Men Gunners
ここは主にアーケードゲームを家庭用ゲーム機に移植したタイトルなどを取り上げて行くページです。また、それらを快適に楽しむためのアーケードスティックや、モニターなどのプレイ環境についても触れて行きます。
リンクフリーです。

最新トラックバック

足あとカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。