中高生のころ、ゲーセンに通っていた頃のゲームを自分の部屋でもう一度。理想は基板。基板=ホンノモだけど敷居を低くして、移植ゲームで楽しんでみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【Shots on Target 3】 ワンダー3 チャリオット 1st Attack

今回は攻略というより、比較がメインです。

DSC03480.jpg


【機種、タイトル】
①セガサターン ワンダー3 チャリオット
パワーアップアイテムの形状が違う。スコア表示の位置が悪くて画面が見づらい。VGMがCD-DAで
収録されているのに曲のループが短くてプレイ中に途切れる。ザコの攻撃パターンが違う。
ボス戦の前に妙な間がある(停止するわけではない)。ボスの耐久力が少ない。
などなど。
挙げれば確かに違いは多いですが、雰囲気は良くできてると思います。
私くらいのレベルの人なら、他と見比べなければ、概ねOKの出来だと思います。


②北米版PS2 CAPCOM CLASSICS COLLECTION Vol2 Three Wonders CHARIOT
北米版なので当然ですが、英語表記。日本版のPS2では遊べません。それを除けば完璧な出来...。
と言いたいところですが、エミュレータ系ソフトの宿命か、操作遅延があり切り返し動作が鈍いです。
今回、モニターとアーケードスティックは同じ物を使用しているので、プレイ環境の差はありません。
反射神経ではなく、どちらかと言えばパターン構築型なので、しっかりとしたパターンができていれば
問題ない程度と思いますが、アドリブが入るところでミスした時にはやはり納得できないこともあり、
そこだけが非常に残念です。

DSC03478.jpg


③北米版PSP CAPCOM CLASSICS COLLECTION REMIXED Three Wonders CHARIOT
こちらも北米版なので当然、英語表記。ただ、PS2版と違いリージョンフリーなので日本国内版の
本体でも問題なく遊べますが、残念ながらこちらも操作遅延があります。
操作デバイスの替えようも無く、外部ディスプレイに表示させても黒いでっかい額縁ができるので
利用価値はあまりないと思います。

DSC03485.jpg


総評すると、完璧な出来に拘らず、雰囲気を楽しみたい人はセガサターン版でも概ね満足できる
のではないでしょうか。PS2、PSPのような遅延も無く、ダイレクトな操作感は捨て難いです。
逆に完璧な出来に拘りたい人は、PS2版で遅延を許容するしかないでしょう。

DSC03497.jpg


【当時の思い出】
絵本のような世界観とVGMがとても好きで、ルースターズとともによく遊んでいました。
ただ、あっという間に消えてしまったのでそれほど先に進めてはおらず、STAGE5 BOSS
が最高到達地点だったと記憶しています。
不人気だったのかは分りませんが、その後、見かけることはありませんでした。

【設定】
NORMAL

【challenge】
最初は3つの中から、セガサターン版を選んでみました。
ダイレクトな操作感は小気味よく、BOSSの耐久力の無さもあって数回のプレイで
1コインクリアできました。

その後、PS2版でチャレンジしてみましたが、STAGE6の細い通路でハッチと固いザコが
混在するところでGAME OVER。
ここはきっちりパターン化が必要みたいですね。


スポンサーサイト
2012-09-16 : Shots on Target : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【マルチスティック】バーチャファイター4スティック

PS/PS2用 HORI バーチャファイター4スティックを使って、1レバー 3ボタンのマルチスティックを
作ってみました。

バーチャ特有のボタンの配置を変更する為に、天板を自作。素材は2mm厚のアルミ板。
ほとんどが手作業なのでそれなりに大変でしたが、力技と手持ちの工具でなんとかなるのがアルミ板の
良いところ。せっかくなのでシート等は貼らずに、研磨して鏡面っぽく仕上げてみました。

最初は2mm厚のアクリル板で作ろうとしてましたが、平板から切り出してる時点で端が欠けてしまい、
繊細さも必要な工具も揃っていないので、早々に諦めました。

3.jpg

ベースのプラスチック加工も必要でしたが、アルミ板の加工に比べたら、容易いもの。

4.jpg

レバーはセイミツLS-32-01、ボタンはセイミツPS-14-K
正直、格闘ゲーム以外ならボタンは3つあれば十分。
ほぼ使わないボタンは邪魔にならないところについているので、いたってシンプル。
マルチ化しているので連射機能もあり。

もう、余程のことが無い限り、アルミ板で天板自作はやらないと思いますが、今回得たこと。

①穴の拡張を研削砥石ですると、アルミが砥石に溶着したようになりすぐ目詰まりする。
 4ヶ所で砥石を3個ダメにしたので、少々高くてもホールソーの方が結果的に早くて安上がり。

②鏡面っぽく磨いた後、傷と曇り防止目的でアクリル系のクリアーで塗装してみたが、爪が当たった
 程度でも塗装面に簡単に傷が付く。結局、剥離剤で塗装を剥がした後、再研磨。
 面倒な上に時間のムダだった。

③皿ネジの面取りをするのに、面取りカッターは必須。レバー取り付け部分のプラスチック加工は、
 かなり気を使うので買ってて良かった。もちろん天板加工にも。

2012-09-05 : プレイ環境 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

Men Gunners

Author:Men Gunners
ここは主にアーケードゲームを家庭用ゲーム機に移植したタイトルなどを取り上げて行くページです。また、それらを快適に楽しむためのアーケードスティックや、モニターなどのプレイ環境についても触れて行きます。
リンクフリーです。

最新トラックバック

足あとカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。