中高生のころ、ゲーセンに通っていた頃のゲームを自分の部屋でもう一度。理想は基板。基板=ホンノモだけど敷居を低くして、移植ゲームで楽しんでみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【Memories 3】邪聖剣ネクロマンサー

【機種、発売日】
PC-Engine HuCARD
1988.1.22

ファミコンより高性能なゲーム機が発売される…。PC-Engineの記事を読んだのはコロコロコミックだったと思います。
本体定価24800円は、小学6年生の私にとってはかなりの高額でしたが、その年のお年玉とお小遣いを貯めて、中学入学後に買ったのが邪聖剣ネクロマンサーでした。

PC-Engineのキラータイトルと言えば、真っ先に思い浮かぶのは、R-TYPEですが、既に友人が所有していたので、重複を避け、長く遊べると思って選びました。

ファミコンと比べて、グラフィックは流石にきれい。戦闘中にモンスターは動くし、止めを刺すと血しぶきが出る演出。
ギーガーのイラストジャケットやタイトル画面の不気味な女性の語り。「夜、一人では遊ばないでください」と言うセリフが印象的なTV CM。

この年、ファミコンではドラクエⅢが発売されており、何とか違いを出そうという試みが見て取れました。

プレイし始めてからの印象はと言うと、とにかくひたすら戦闘に明け暮れるゲーム。レベルを上げ、装備を揃えれば、互角以上に渡り合えるが、次の街、大陸に渡ると瀕死の重傷を負うことも。
そこでまた…。の繰り返し。シナリオはあるものの、至って簡素なもの。一緒に旅する仲間もオープニングで選ぶだけで、それ以降会話も無い。

選んだパーティーはマイストとカオス。万能タイプと僧侶タイプ。魔法も使えないパワーバカ、魔法が使えないとただのお荷物、自ら取り柄が無いと言ってるやつは論外。
消去方で選んだこの二人ですが、しばらくすると、マイストは器用貧乏で素早い以外の取り柄が無い。カオスは回復要員とバーンの杖を使う以外にすることがないという、微妙な組み合わせ。
気づいた時にはもう、やり直す気力もないところまで進んでいたので、そのまま行くことに…。

もう一つ辛いのが、平仮名、カタカナ、アルファベットが入り混じったパスワード。長い上に見づらいこと極まりなく、何度間違えて絶望感を味わったことか…。

そんな苦難の旅も、諦めなければちゃんと終わる日が来ます。邪聖剣ネクロマンサーの謎を解き、四天王との連戦を乗り越え、旅の目的を達成します。
そして語りかけてくる、最後のセリフ。

戦闘画面の空みたいに薄暗く、ストイック。

それ以降、プレイすることはありませんでしたが、ドラクエやFFの楽しさ、完成度はありませんが、一線を画する
RPGとして記憶に残りました。



そして現在。

PSPゲームアーカイブスで25年振りにプレイ中です。



どこでもセーブできるので、前述のパスワードで悩む必要なし。
まだ試してはいませんが、パスワードを使えば、PC-Engine実機やiPhoneでプラットフォームの枠を超えてプレイ出来そうです。
ただ、アーカイブスの解説書は説明が不十分なので、HuCARD付属の取り扱い説明書の方が便利です。
魔法の使用可能になるINT値や消費MP、使用可能者や、装備品の装備可能者。そして、街や祠の記載はありませんが、ワールドマップも載っています。



ネットで攻略情報を検索しながらプレイするのであれば、必要ありませんが、自力クリアを目指すのであれば、貴重な情報源です。

現在は中盤に差し掛かった辺りだと思います。
パーティーはマイストとライム。
今のところ、初プレイ時よりは圧倒的に楽な気がしますが、終盤のボス戦はつらいかもしれません…。

2013/6/15 追記
今日、クリアしました。


終盤、レジェルダーと祝福を受けたネクロマンサーを手に入れるまでは、装備による強化が出来ないので、我慢を強いられます。
ですが、これらを入手した後は一気に攻撃力が上がって、戦闘は格段に楽になります。
この爽快感は、この時期の他のRPGには無かったものです。

四天王とラスボスで懸念していたのは、パーティー全員のHPを全回復させるゼライガスを誰も使えないことでしたが、特に気にする必要はありませんでした。

久しぶりにプレイした感想。
隠し通路が分かり難い以外は、とてもシンプルな構成。
戦闘に重きを置いた、私好みのRPGでした。
中断セーブがあるお陰で、パスワードの煩わしさも無く、非常に快適でした。
スポンサーサイト
2013-05-24 : Our generation : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Men Gunners

Author:Men Gunners
ここは主にアーケードゲームを家庭用ゲーム機に移植したタイトルなどを取り上げて行くページです。また、それらを快適に楽しむためのアーケードスティックや、モニターなどのプレイ環境についても触れて行きます。
リンクフリーです。

最新トラックバック

足あとカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。