中高生のころ、ゲーセンに通っていた頃のゲームを自分の部屋でもう一度。理想は基板。基板=ホンノモだけど敷居を低くして、移植ゲームで楽しんでみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【Shots on Target 2】怒首領蜂 4th Attack



5時間ほど間を置いて再開したら、ついに2周目突入しました

成功の鍵になったのは5面中盤~終盤にかけて400HITコンボが出せるようになったから。

コンボを繋ぐといっても、その場面でとにかくボムを使わずにミスしないというだけのもの。
ですから、2-2まで行ってても、スコア自体はあまり伸びてません。



蜂ボーナスさえも無視して、この場面だけ乗り切るだけで目標達成と考えれば、他でコンボを繋ぐより楽かもしれません。

ノーミス、ノーボムで稼ぐプレイのような緊張感も無いので、私には合ってる方法だと思います。

これで第一段階だと思うので、ここから先、どこまで行けるようになるでしょうか。
2012-12-29 : Shots on Target : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【Shots on Target 2】怒首領蜂 3rd Attack



ここ数日で着実に伸びてきました。
あと少しで2周目に手が届きそうです。
1プレイ内で、うまく行くところと行かないところが混在している状況なので、安定感が欲しいところです。
2012-12-29 : Shots on Target : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【Shots on Target 2】怒首領蜂 2nd Attack

スコアもHIT数も頭打ち気味になってしまい、しばらく放置してたんですが、久し振りにプレイしたら、1回であっさり自己ベスト更新しました。



スタートからの190HITコンボも失敗したので、どうなることかと思いましたけど。

2回目以降は凡ミス続きでしたが、少し忘れたころの1発勝負は集中力が違うんですかね?
2012-12-21 : Shots on Target : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【Shots on Target 3】 ワンダー3 チャリオット 2nd Attack

毒を食らわば皿までと言いますが、気になることは気が済むまでやってみようと、XBOX版 Capcom classics collection vol.2を入手しました。



XBOXとPS2で遅延の度合いに差があるのか。早速、検証。

まずはPS2版。
レバーを上方向に入力したままPAUSEして、鼻の先端をテープにマーキング。


レバーを離して、PAUSE解除。
これだけズレます。


これと同じことをXBOXでもします。
レバーを上方向に入力しながらPAUSE
先ほどのSTART位置に合わせてテープを貼り直し。



PAUSEを解除すると...



全く同じでした。

この後、セガサターン版で同じことをやってみましたが、全くずれはありませんでした。

ワンダー3を目的にCapcom classics collection vol.2を買うのであれば、環境と金額を考慮して決めれば良さそうです。
他のタイトルでは比較していないので、何れ試してみようと思います。

残念な結果になってしまいましたが、ちょっとした小ネタ。

XBOXをハイデフパックでコンポーネント出力する場合、PS2用のコンポーネントケーブルを使うと、AVマルチ端子から入力することができます。



KV-25DSは背面にしかD端子入力が無いので、この方法だと面倒くさくなくていいですよ。
2012-12-13 : Shots on Target : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【Shots on Target 1】GRADIUSⅢ 3rd Attack

今日は外出中に思わぬ空き時間ができてしまい、時間潰しに何年かぶりにアミューズメントセンター(笑)に寄ってみました。

店内はほとんどが見慣れないオンラインゲームやクレーンゲーム、パチスロばかり。
2Fをうろついていると、ようやくゲーム筐体に出くわしました。

シューティングゲームは怒首領蜂最大往生や虫姫さまふたりブラックレーベルなどがありましたが、数える程の台数しかありませんでした。
試しに怒首領蜂最大往生を初プレイ。やたらと派手で目がチカチカする...。
とりあえず3面BOSSまでは遊ばせてもらいました。

続いて、バトルガレッガも初プレイ。
敵弾が見にくい...。初ミスは何でミスしたのかも分からず。
こちらは3面途中まで遊ばせてもらえました。

さらに場内をうろついていると、怪しい○○○in1筐体を見つけました。
オススメはGRADIUSⅢらしいので、早速プレイ。

スタート早々いきなりピンチ!
この筐体6ボタン仕様なので、触ってみるまでキーアサインが分かりません。
最初の編隊を打ちのがして、カプセル1個取り逃がし。パワーUPボタンが分からず、スピードUPに手間どり。
砂漠に入った時点でスピード2、オプション1、ミサイル無し...。
ここから何とか立て直しました。

ここからは順調そのもので、9面キューブアタックまでノーミス。
残機はいっぱい残ってて、多分、10機ぐらいありましたが、やはりキューブアタックを越えられずゲームオーバー。
ネームエントリー入力ミスのオマケ付き。



家でプレイしてると簡単にミスしてしまうこともありますが、お金を使って、誰かが見てるかもって思いながらプレイすると集中力が違います。
久し振りの筐体でのプレイも快適そのもの。連射装置は付いていなかったので、手連射で疲れましたが、無意識に擦り、痙攣、ピアノ打ちを使い分けていた自分がいて、弾を打つのも技術なんだなと再認識しました。

たまにはゲーセンに行くのもいいですね。
2012-10-26 : Shots on Target : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

Men Gunners

Author:Men Gunners
ここは主にアーケードゲームを家庭用ゲーム機に移植したタイトルなどを取り上げて行くページです。また、それらを快適に楽しむためのアーケードスティックや、モニターなどのプレイ環境についても触れて行きます。
リンクフリーです。

最新トラックバック

足あとカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。